Rachel is a dual citizen of the U.S. and Israel and is a permanent resident of Japan.

Her educational background includes a Masters in Education from School for International Training in Vermont, Bachelor in English and Theater from the Hebrew University of Jerusalem, and study at the Beit Zvi Drama School.

 

Rachel lectured in Drama at Aoyama Gakuin University from 1994-2016.

 

She is actively involved in Tokyo's English-language theater world as director and actress.  Click to see her numerous theater credits.

Bio

Rachel has been a premier English narrator and actress in Tokyo for over two decades. Her recognized voice quality fits a variety of roles, from documentary parts requiring her deep resonance to animation roles to narrations for IT and financial industries.

 

See credits

プロフィール

レイチェル・ワルザーは、英語ナレーターとして、また、女優として、20年以上にわたり、東京を拠点に第一線で活躍しています。落ち着いた響きが求められるドキュメンタリーおよびIT業界や金融業界向けのナレーションを始め、定評ある声質を活かして、さまざまな役柄で実績を築いています (「声優/ナレーション出演」を参照)。
また、米国とイスラエルの2つの国籍に加え、日本での永住権を保有しています。
レイチェルは、School for International Training (米国バーモント州) の教育学修士課程およびHebrew University of Jerusalem (イスラエル、エルサレム) の英語・演劇学士課程を修了し、イスラエル国内初の演劇学校であるBeit Zvi Drama Schoolで学びました。
1994~2016年には青山学院大学で演技指導を担当しました。
演出家および女優として、東京の英語演劇界で精力的に活動しています (「舞台出演」を参照)。

© 2018 Rachel Walzer.